この数十年間、ほぼすべての情報やデータ、ワードプロセッサーからホームページ、ネットワークプログラミングまで、迅速かつ、簡単に、ほぼゼロに近いコストで、コピーできるようになりました。確かに、この特徴に基づいて、パソコンやネットワーク技術もある程度の発展をしてきました。

では、もし、データコピーができなかったら、どうなります?ユニックな、コピー不可のデータがあるとしたら、あるいは、ユーザー間のみ受け渡し可能となるデータの場合は、どうなります?その答えは明白だ、ユニーク且つコピー不可なデータは、デジタル通貨として利用可能になります。これこそ初めての暗号通貨が創られた考え方です。

大半の人は、このようなデジタル通貨について知らないので、「ビットコインでなに?」と聞きます、あるいは、「ビットコインは、どのように機能する」について、知りたかるかもしれません。この暗号通貨に関する非常にユニークの基礎理論は、実はもっとも難しいトピックスの一つです。

 

「ビットコイン」の言葉の定義について

さまざまな機能と特徴によって、「ビットコイン」という言葉はさまざまな意味に定義できます。

ビットコインは世界初めてのデジタル通貨であり、偽造するには非常に難しく、一つの分散型金融システムに運用されています。暗号通貨としてのビットコインは、分散型ピア・トゥ・ピア(P2P)方式のデジタル通貨です。「BTC」や小文字の「b」で表示されています。

デジタル現金として、ビットコインは非常に長い、数千行のコードで作成されています。そのソースコードは、オープンソースソフトウェアに基づき、大規模な開発者コミュニティによって、定期的に管理されている。デジタルエコノミーネットワークの運営に関する一連の規則は、ビットコインプロトコルと呼ばれています。

最後に、これらのプロトコルのソースコードは、多数のソフトウェアに対応しており、世界中の多くのコンピュータコンピュータ上で動作します – これはビットコインとしても知られています。したがって、ビットコインという用語は、デジタルエコシステム全体、または上記の機能を表すのに使用できます。

 

分散型およびセキュリティについて

データ保存の初期段階、データの特定性と改ざん防止問題がプログラマを悩ませました。ディスクやテープ上のデータは簡単に変更された場合は、本物かつ合法的なバージョンをどのように確認するするのがとても難しく、誰も確実に言えません。

このまま1990年代始めに、Stuart HaberとW. Scott Stornettaが初めてブロックチェーンのモデルを創りました。暗号化データの改ざんを防ぐ方法として、一連のデジタルブロックが保護するため、初めて暗号化証拠が適用しました。HaberとStornettaの研究は、間違いなくHal Finneyと他の多くのコンピュータコンピューティング科学者に影響を与え、最終的にビットコインの誕生につながりました。その後、2008年に、ビットコイン最初のホワイトペーパーは、「Satoshi Nakamoto」によって出版され、2009年1月3日最初のブッロクがマイニングされました。

もちろん、ブロックチェーンの出現は、新しいデジタル通貨としてのビットコインやその他の暗号通貨にとって重要な鍵です。ブロックチェーンの基本的な構造は、総勘定元帳やフラットデータベースとよく似た一連のレコードです。記録されたこれらのデータのセキュリティメカニズムを検証および保護できるという点でユニークです。

ビットコインの基盤となるテクノロジは、データとトランザクションの整合性を保存する為に設計されています。まず、全てのトランザクションはデジタル的に署名され、二重支払いが無いように暗号化技術で検証されます。有効と承認されたら、トランザクションは、マイニング(より暗号化が含まれます)と呼ばれるプロセスによってブロックチェーンに永続的に記録されます。

これはより多くの追加作業と思われているかもしれませんが、システムのセキュリティに大きな影響を与えます。ビットコインのブロックチェーンを変更するには、構造上全部のレコードを解明する必要となります、最強のコンピュータさえ無理なことなので、事実上は最不可能です。

その他もうひとつ、ブロック技術をより安全にする重要なのは、データは世界中無数のネットワークノードに散布されています(各ノードはブロックチェーンデータのコピーを保持します)。つまり、一つのノードにあるデータが改ざんされても、ネットワーク上のほかの参加者が持っているコピーと一致しないため、破損しているとより簡単に識別されます。

このようなプロセスは、「POW」と呼ばれ、コンセンサス アルゴリズムで管理されています。同じデータ何十、何百、何千ものコピーを同時に変更することは、想像よりもはるかに難しいため、その結果、データが非常に安全です。さらに、分散型システムは、従来の集中型システムのように単一のデータセンターに依存しないため、障害やサーバー攻撃に対してより堅く保護されます。

ブロックチェーン技術により、独自なかつコピー不可な電子データが生まれ、追跡可能、分散型のデジタル通貨として、ビットコインが誕生しました。ビットコインの総発行枚数は、2100万以下に決められています。新コインは、暗号化ハッシュ関数に依存し、PoWコンセンサス アルゴリズムに制約され、マイニングプロセスに通して生成される。

言い換えれば、ブロックチェーンは、全てのトランザクションを記録し、分散型台帳のとして機能し、改ざんや不正に対して強い耐性があります。データベース記録は変更できませし、十分な計算能力がなかったら、変更することもできません。つまり、ネットワークは「オリジナル」のデータファイルを所有可能になります。全てのビットコインはユニークでコピー不可のデジタル通貨です。

 

デジタルデータのチカラについて

これまでのデジタル技術の価値は、簡単にコピーできるデータがもたらしています。将来のテクノロジーは、固有情報を利用して相互作用を分析することによって価値が得られます。たとえば、たとえば、ビットコインのような革新的な進歩により、複雑な金融取引はいかに正確となり、オープンエラーを減らします。

暗号化通貨は、既にさまざまな状況で利用されています。ブロックチェーン技術により、ユーザーは銀行や金融機関のような第三者に頼らずに、少ない手数料で金融取引を行うことができます。

さらに、ブロックチェーン技術により、何十年にもわたるデータが保存され、監査され、そしてデータの正確性も保証しているので、金融分野以外にも、いろんなアプリケーションに幅広く適しています。