仮想通貨とはなんだろうか。今回はこれをテーマに説明したいと思う。

仮想通貨は、暗号化された安全な P2P 経済システムにおいて、取引媒体として生まれたデジタル資産商品です。暗号化技術を用いてトランザクションを検証し、保護する、また、その他違法な取引の参入を排除する為である。

中央集権型の銀行システムと違って、大半の暗号通貨は非中央集権型になっており、世界中に分散しているパソコンネットワーク(ノードとも呼ばれる)において稼動されています。

インターネットユーザー、あるいは無線シグナルがあれば、ボタン一つで、世界中どこの人とも簡単に取引できます。

一般的な国際送金と比べて、暗号通貨の振込手数料が低い、取り消しもできません。クレジットカードの払い戻しと異なります。

暗号通貨の発行と管理は、アルゴリズムと暗号化理論に基づいて行われています。このようなユーザー設定は、暗号化通貨がどのように操作されているのを定義し、プロトコルとも呼ばれます。

非中央集権型メカニズムとは、暗号通貨は一つのユニットにコントロールされず、ユーザー間の取引はもサードパーティの仲介者に経由せずに、実行可能の意味です。また、一部の会社やファンド管理会社は、すでにさまざまな分散型の暗号通貨を開発していました。これらの暗号通貨は、ネットワーク構造とノードの分布状況により、それぞれ分散レベルも異ります。

暗号通貨の中核は、ブロックチェーンと呼ばれるテクノロジに基いて作られています。複数の暗号化されたブロックはリニア状に繋がっています。各ブロックは、マルチコンポーネントで構成されたファイルです。とりわけ、直近全てのトランザクションの詳細と一つ前のブロックの取引レファレンスが含まれています。

ブロックチェーン には、承認済みのトランザクションと永久記録を記録しています。このような分散型台帳はネットワーク内のすべてのノードに分散されており、データの改ざんを防げます。

ビットコインは初めての分散型暗号通貨、2009 年謎の人物のサトシナカモトによって創られました。当時の目的は、主にコンピューティングシステムによる認証システムと暗号化セキュリティを用いた独立の非中央集権型の決済システムを創立することです。

ほとんどの暗号通貨と同様に、ビットコインは最大供給量は限られています。つまり、発行上限枚数に達した後は、ビットコインの生成は自動的に終了します。通常、新しい暗号通貨がリリースする際、最大供給量は公表されます。

現在、ビットコイン以外にも、千種類以上の暗号通貨があります、「アルトコイン」または「トークン」と呼ばれています。それぞれ属性と用途は異なります。

参照元:https://www.binance.vision/zh/playlists/cryptocurrency-beginners-guide/what-is-cryptocurrency