イニシャルコインオファリング(ICO)とは、暗号通貨を用いて資金を調達する手段の一つです。

通常ですと、まだ開発途中のブロックチェーンプロジェクトのプロダクトあるいはサービスの中では、最もポピュラーです。決済の方式は通常、ビットコインかイーサリアムとなります。

他の場合ですと、法定通貨を用いる場合もあります。

投資家はICOを実施する会社への期待からICOに参加し、ニーズが増えるに連れて暗号通貨の価値の増加を促進されます。

言い換えると、当該暗号通貨の初期の参入者としてプロジェクトを支援することで、高い投資リターン率を望んでいます。

ICOの運営プロセス

ICOは往往にしてIPOと比較されることが多いです。

しかし、このような比較は非常にトリッキーなところです。IPOは通常成熟した会社が株を売り出し、資金を集めるためのものです。

ICOは主にお金を集める為の手段として使われており、非常に早期な段階にあるプロジェクトの資金を集める手段となります。

当該コインを購入する事により、会社の所有権を購入した事でない事については大きな違いとなります。

通常、ICOはERCー20のスタンダードに基づき、イーサリアムのブロックチェーン上で作成されるため、ERC−20トークンという風に呼ばれています。

イーサリアムのように、その他のプラットフォームも仮想通貨の創立と発行もできます(例:Stellar, NEM, NEO, Waves)。

一部の機能が備わったブロックチェーンの会社は独自のプラットフォームで暗号資産を発行したりします。

ERC-20を例に話をすると、会社はイーサリアムのスマートコントラクトを用いて独自の暗号通貨を作成したり、発行したりできます。

ERC-20プロトコルは会社がイーサリアムブロックチェーンにおいて暗号通貨を発行する際に守るべき一連のルールを定義します。それに、スマートコントラクトはトラストレスな方法でこれらのルールを遵守することを確保するのです。

スタートアップ企業の創始者は暗号通貨を創設したあとで、投資者を説得して企業のICOを通して支援をしてもらう必要があります。

これは通常会社のゴールまたは新たなエコシステムをまとめるホワイトペーパーを作成することでやり遂げられます。創始者はプロジェクトのHPを作成することもよく見られてきました。

HPを通してICOに関わる情報を提供することができ、そこで投資者が当該プロジェクトが成功すると信じる源になるのです。

会社はなぜICOをするのか

ICOはベンチャーキャピタルまたはプロジェクトの資金を増やす有効な手段です。操業する企業にとっては、ICOは一つのアイディアによって支配できる通貨を手に入れられるのです。

このアイディアはまだ市場でテストされているあるいはされていないのかもしれません。このような小型で成熟していない会社はこの方法以外資金が得られないことが多いです。

伝統的な金融機構はホワイトペーパーに基づいて資金を貸し出すわけには行かず、特にこのような規制がまだ緩い暗号通貨領域では困難です。

新しい企業とスタートアップ企業は大部分のICOを代表しているとはいえ、状況は日々変化しています。

一部賢明な会社はICOの価値と暗号通貨が提供する日中央集権のパワーに気づきました。その中でいくつかの会社はICOを実行しており、ブロックチェーンの上でプロジェクトをスタートさせ、資金を集めたり、

業務を分散化させたりしており、このようなやり方は「逆ICO」と呼ばれています。

誰でもICOをやろうと思えばできるのか

簡単にいうとそうです。正しい指導のもと、誰であろうがトークンを開発したり、ホワイトペーパーを書いたりすることはできるのです。

しかし、こうしようとする個人あるいは会社はブロックチェーンに基づく運営できる企業を作らなければならないのです。これについて知識、テクニック、経験などは誰もが持っているものではないことがわかります。

それに、彼らは地域によって変化する複雑なネットワーク検閲の問題を研究する必要もあり、ICOの普及に連れて毎日変化することが予想されます。

ICOを成功に導くには、企業は健全なものでなければならず、十分な根拠を持って「プロジェクトはどのように運営されるのか」、「価値はどこからくるのか」、「何をするのか」、「ニーズは何か」

といった投資家の質問に答えることで、受け入れてもらい、購入してもらうことがよいICOの結果にするといったプロセスが大切です。

ICOの規制について

増加しつつあるICOはグローバルな規制当局に注目されているところです。規制は暗号通貨業界のホットな話題です。

アメリカではSEC(アメリカ証券取引委員会)とCFTC()は二つの大きな規制当局です。

彼らは絶えずICO、暗号通貨に関する規制の枠組を検討しています。

ICO領域の規制はまだ初期の段階にあり、違う国家の間には統一されたスタンダードが存在しません。

一方で、過多の規制は新たな暗号通貨またはブロックチェーン技術の発展の妨げになる可能性もあります。しかし、一部の人は規制はこの領域に合法性をもたらし、伝統的な金融機構の参入を促進すると見ています。

両者の間にたつ人らは、暗号通貨のエコシステムは「ワイルドウエスト」のような金融スペースになるべきでないと考え、ある程度自由に伝統的な金融システムの外で動くべきだ考えています。

このようなバランスの取れた考え方が評価されています。

一部の地域、例えば中国、韓国では、ICOは全て違法だと宣言していますが、アメリカの証券取引委員会はICOに関する詳細な公告をし、投資家が新規投資を実行する前に十分調査をすることと警告しました。

アメリカ証券取引委員会は一部のICOは株として定義される可能性があり、もしそうなればそれは連邦証券法に則り実施すべきだと言っています。

なぜICOは重要なのか

ICOの使用は暗号通貨を用いた主な融資手段です。

よってイノベーティブな企業あるいは違うやり方を考えている個人に新たな融資の方式を提供したと言えます。ブロックチェーンスタートアップ企業が集める資金が増えるに連れて、

一般大衆の暗号通貨への注目度が上がると考えられています。ですが、ICOという方式はメリットもデメリットもあります。

ICOによる詐欺と大きなプロジェクトの失敗は暗号通貨の信用度に不利に働くことがありますが、成功企業の事例は暗号通貨の現実性を一般大衆に証明する事になるでしょう。

広範囲の普及と信頼性のあるICOは機関投資家と一般投資家が暗号通貨に参入する際の不確実性を軽減する事はできます。

このような新たな投資方法はまだ探索中ですが、多くの人はこのような方式は伝統的な融資手段の代わりとして今後の会社に使われる目をみはる方法となるだろうと見られています。

 

参照元:https://www.binance.vision/zh/playlists/cryptocurrency-beginners-guide/what-is-an-ico