仮想通貨とは暗号的に安全な経済システムにおいて取引媒体として形成された一つの資産商品です。暗号技術を使って取引を認証し、守ることができるのです。

私たちがよく知っている中央集権的な銀行システムとは違い、大部分の仮想通貨は日中央集権的な構造をとっており、分散的に世界中のパソコンシステムに存在しています(ノードと呼ばれている)。

いかなるインターネットの使用者あるいは微弱な電磁波シグナルを通してクリック一つで、世界各地の人々と取引を行うことができます。

銀行を使って越境振込を行うのと違い、仮想通貨の振込の手数料は非常に安く、取引は不可逆性を持っていてクレジットカード会社の支払いを取り消せるシステムとは違います。

仮想通貨の発行あるいは管理構築はプログラミングのアルゴリズムおよび暗号的な根拠によって決められます。これらはカストマイズされたルールと見られ、プロトコルとも呼ばれて仮想通貨の世界における運営方式を決めるものとして定義されています。

日中央集権は何を意味するかというと、仮想通貨はとある単体によってコントロールされないことを意味します。ユーザー間の取引は第三者を通して行うことはないのです。それに、一部の民営会社あるいは基金管理会社は属性の異なる日中央集権的な仮想通貨技術を開発。ネットワークの構造とノードの分布方式によって、一部の仮想通貨はその他の仮想通貨より中央集権的になっていることもあります。

仮想通貨のポイントはブロックチェーンをベースとした技術を構築することです。それはたくさんの暗号的に安全なブロックの連結によって構成されます。

ブロックごとに、最近の取引の詳細とこのブロックより以前の記録リストが含まれています。

ブロックは全ての確定した取引を保存し、永久に記録することの役割を担っています。日中央集権的な台帳として、ネットワークの全てのノード上に分布し、改ざん不可能な状態となっています。

初めての日中央集権的な仮想通貨ビットコインは匿名の開発者Satoshi Nakamotoによって開発され、その主な目的は計算による認証と暗号的に安全で独立した日中央集権的な支払いシステムの構築です。

他の仮想通貨と同じように、ビットコインの供給量も制限がかかっています。これは最大の供給量に達した時に、システムはビットコインの新たな生成をやめることを意味します。通常ですと、仮想通貨の新規発行の際、最大の供給量は制定され、情報としてでてきます。

ビットコイン以外に、現在は一千も超える種類の違う仮想通貨が存在しています。アルトコインとも呼ばれています。それぞれ属性や用途が違います。