仮想通貨領域の人間にとっては、様々な専門用語があり、本当に難しいと言うのは正直な感想ではなかろうか。たまには勘違いをしてしまう人もいると思う。本当はビットコインのことを指して話しているのに、ブロックチェーンというワードを使っている。

その逆もよくあるよね。これらのワードは互いに関係していることは間違いないが、決して置き換えられることはない。そこで、今回はブロックチェーン、仮想通貨及びビットコインについての基礎知識についてお伝えしましょう。

例えば:

以下について考えてみよう。

  • ウェブサイトは情報と特別な技術のシェアを目指している
  • 検索エンジンはウェブサイトを使う上で最もよく使われる手段
  • 逆に、グーグルは最も流行っている検索エンジン

同様に:

  • ブロックチェーンは情報を記録するための特別な技術(ブロック)
  • 仮想通貨はブロックチェーンの技術を使った最も流行っている方式
  • 逆に、ビットコインは仮想通貨の中で最も流行っている一つのコイン

ブロックチェーンの概念

多くのブロックチェーンは一種の分散型で非中央集権的な台帳として設計されている。簡単に言うと、ブロックチェーンは一種の取引記録をするためのデジタル台帳だ。

具体的に言うと、ブロックチェーンは多くのブロックにより構成された線形状のチェーンである。その中のブロックは暗号化により連結され、保護されている。ブロックチェーン技術は他の金融的な操作が必要とされない活動でも活用できる。

仮想通貨の環境において、ブロックは認証された取引データの永久保存の役割を果たす。

「分散型」、「非中央集権化」は台帳の構成方式及び維持管理方式を意味している。その違いを理解するには、まずは経済市場にある中央集権的な台帳を見ればよいだろう。

例えば、不動産売買の公共記録、ATMでお金の出入りの銀行記録、eBayでの売買項目リストなど。以上のいずれの場合においても特定の組織単体が台帳をコントロールしており、すなわち、政府機関、銀行、またはeBay。

もう一つ共通するファクターはこれらの台帳は一つのみのまとめ台帳が存在して、その他は全部副本であるということで、オフィシャルな記録でないということだ。そこで、伝統的な台帳は全部中央集権的なもので、単一的な組織により管理され、通常は単独なデーターベースに頼っている。

ブロックチェーンは全然違う性質のもので、通常は分散型のシステムによって構成され、非中央集権化した台帳の役割を果たしている。

これは単一的な副本型が存在せず(分散型)、単一的な組織により管理されない(非中央集権)ことを意味する。簡単に言うと、

ブロックチェーンのネットワークに参加するユーザーはそれぞれ一部のブロックチェーンデータの副本を持っており、この副本はその他のユーザーの副本と同期し、最新の取引データも随時副本の中で更新され記録される。

言い換えれば、分散型システムは世界中に分布している各地のユーザーが共同作業をして管理している。これらのネットユーザーはノードと呼ばれ、システムのルールに則ってりり引きの認証と確認を行う。したがって、権利は非中央集権化された。

ブロックチェーンの原理

ブロックチェーンの名前の由来はその記録の編成方式だ。相互にリンクしたブロックにより形成された線形状のチェーン。本質的に一つのブロックは一部のデータだ。このデータには取引のリストが含まれている。

ブロック及び取引は全部公開されて外部から見える状態であるが、改ざんは不可能だ。記録された内容はガラスで保護された箱にあるような状態(見えるが、弄れない状態)。新たなブロックがブロックチェーンに入ってくるとき、連結しているブロックは連続した記録を形成する(これはたくさんのページに記録されている物理的な台帳とイメージすればよいかと思うよ)。

これは非常に簡単な類似した事例の説明なので、実際にはこれよりははるかに複雑なプロセスとなっている。

ブロックチェーンの改ざん不可能な理由はブロックは相互に連結していることだ。

また、暗号された認証方式で守られている。新たなブロックを生成するため、ネットワークの参加者はコストのかかるたくさんの計算をしなければならない。これはマイニングと呼ばれている。

マイナー(マイニングをする人)たちは取引を認証し、この記録をグループ分けして新たなブロックに記録し、ブロックはブロックチェーンに後ほど投入される(条件が満足すれば)。

マイナーはシステムに新たなコインを導入する役割も担っており、マイニング活動の報酬として発行されるコインのことである。
確定されたブロックはとなりのブロックと連結されている。

このような設定に関して美しいのは新たなブロックが追加された後、ブロック内にあるデータは修正不可能となるということだ。ブロックにあるデータは暗号認証によって守られ、暗号認証の生産コストが高いため、

基本キヤンセルは極めて困難だ。したがって、ブロックチェーンは相互に連結されたブロックのことで、ブロックは時間順に順番に連結されて、暗号認証により守られている。

仮想通貨

簡単に言うと、仮想通貨は一種のデジタル通貨のことだ。分散型ネットワークにいるユーザー間の資金取引の媒体である。伝統的な銀行システムと何が違うかというと、

仮想通貨はパブリックなデジタル台帳(ブロックチェーン)を用いて取引を追跡したりしているところだ。参加者はpeer ot peerの直接的に取引ができ、間になんの仲介者もいない状況を作り出せる。

「Crytpo」というワードは経済システムの安全が確保され、新たな仮想通貨の創出、取引の認証が順調に行われるためにある暗号化技術のことを指しているのだ。

すべての仮想通貨はマイニングできるわけではないが、大部分の仮想通貨はビットコインと似ていて、マイニングというプロセスが必要だ。

これによってゆっくり増長していく流通量・サプライ量を持つ。

したがって、マイニングは仮想通貨が新たに生み出される唯一の方法にすることで、通常法定通貨では問題視されているインフレーションを避けることができたわけだ。

ビットコイン

ビットコインは世界において初めての仮想通貨のみならず、マーケットでは最も著名な仮想通貨である。

2009年、自称Satoshi Nakamotoという謎の人物がビットコインを作った。その主な思想はデジタル証明と暗号学に基づく費中央集権的な電子決済方法を構築するためのことだ。

ビットコインは最も有名だが、それ以外に様々な仮想通貨が存在する。それらもそれぞれ独特なメカニズムと性能を持っている。すべての仮想通貨は独自のブロックチェーンを持っているわけではない。

一部の仮想通貨は既存のブロックチェーンを使って作られている。一部の仮想通貨ゼロからスタートして徐々に作られた。

多数の仮想通貨と同様にビットコインの供給量は限られている。

これは、最大の供給量に達したら、システムは新たなコインを生成しなくなるのだ。ビットコインは最大供給量は2100万である。通常だと、仮想通貨は作られた後総供給量を公表している。

ビットコインのプロトコルはオープンソースなので、誰もがそのコードの中身を閲覧することができる。世界各地のディベロッパーたちはこのプロジェクトに貢献をしている。

参照元:https://www.binance.vision/zh/blockchain/difference-between-blockchain-and-bitcoin