COT cooperate with ONT

COTは実体社会の分散型トラスト技術の実用化に向けて、基礎的な解決策の構築を目的に、系統的に6つの実用化戦略を計画した。

COT戦略の最も重要な一つとして、COTはONTとともにIOTのブロックチェーンにおける協力して研究開発計画をスタートさせた。COTがIOT及びスマートハードウエアをサポートできるような実用性に富むベースブロックチェーンプラットフォームの構築を目指す。

現在、COTチームはすでに第一シリーズのシーンに合わせたスマートハードウエアの研究開発を完成させ、次の段階ではONTチームとともにベースブロックチェーン構造の開発に取り組む予定である。

COTの豊富なスマートハードウエアシステムと設備の研究開発はONTの成熟したブロックチェーンの研究開発能力と融合して、ベースブロックチェーンプラットフォームを構築する。将来的には異なるシーンにおいてマルチチェーンへ拡張する機能を持ち、ONTのメインネットとの融合を図る。それに、COTはさらに実用型のIOTの基礎的なスマートハードウエアのソリューションプラットフォーム及びIOT設備の研究開発に尽力する。

COT cooperate with ONT

ONTについて

ONTは新しい世代のベースチェーンのプロジェクト&分散型トラストの協力プラットフォームである。

ONTは新しい世代の高性能基礎パブリックチェーンであり、完全なる分散型台帳、スマートコントラクト機能を有している。ONTはパブリックチェーンの構造をサポートし、基礎的なパブリックチェーンのサービスを提供できるのみならず、ONTのブロックチェーンに基づいて多様なアプリケーションのカスタマイズができる。異なるプロトコルによるチェーン間の連携もできる。

基礎的なレイヤーでは、ONTは継続的に様々なdAppsに実用型のモジュールを提供する。例えば、分散型のIDシステム体系、分散型のデータ交換プロトコルなどの分散型プロトコルのパーツをサポートできる。実際の需要に応じて新たな実用型のモジュールを作っていく。

COTについて

COT(Chains of Things)はマルチチェーンのブロックチェーン技術に基づく実用型のスマートハードウエアプラットフォームである。マルチチェーンを結合したIOTのスマートハードウエアシステムのベースレイヤーのカスタマイズ、サポートなども可能となる。実体経済、ビジネスシーンのトラストレスな識別、トラストの取引、引き継ぎなどに応用できる。

ものに基づく社会では、ものともの、ものと人の経済状態の本質的なところは取引である。ものに基づくトラスト識別はこの取引、引き継ぎの基礎である。COTはものを基本にマルチチェーンのブロックチェーンに基づく実用型ハードウエアの価値のエコシステムであるる。世の中にあるものと結合する分散型チェーン技術が一種の実用型の、協力方式でパブリックチェーンと結合したIOTのスマートハードウエアの基礎提案を提供できた。世の中にあるもののトラストを形成する基礎的な体系を構築できる。

COTはものに対しての多方面のトラスト識別、スマート開発の解決案に基づき、IOT領域の専門的なカスタマイズなどの特徴を融合させ、ものに基づくCOT+IOTのマルチチェーンシステムのカスタマイズが可能な基礎的な提案をした。これにより、ユーザーにCOTのエコシステムを通してより簡単に自分のブロックチェーンによる価値のあるアプリケーションの実用可能性を提供できるであろう。

More information : こちら