ontology and Zeux

本日、OntologyがウオレットZeuxのリリースを発表した。Zeuxはロンドンに本社があるフィンテックの会社であり、そのウオレットの機能としてはワンクリックで仮想通貨での支払いや交換ができるようになっている。ユーザーはもうすぐApple Pay及びSamsung PayをサポートするビジネスパートナーとONTを使って取引ができるようになる。

Zeuxのビジョンは仮想通貨を人々の日常生活に取り込み、Zeuxを使って仮想通貨の支払い、交換及び送金ができてしかも手数料なしの世界をめざすことだ。今回の協力により、ONTのユーザーはZeuxのアプリを通してワンクリックで支払い、預け入れ、投資ができるようになる。

Ontologyは実体経済と仮想通貨の架け橋を作ることに尽力しています。一番ベースとなるアプリのプラットフォームを通して、実際のビジネスの現場の人達が詳しくブロックチェーンの技術原理を理解していなくても便利に接続して利用できるということを目指している。今回、Zeuxとの協力により、仮想通貨の人々の生活への浸透を加速させることとなる。ONTの応用範囲が更に広くなることを意味している。

今回の協力を受けて、Ontologyファウンダーの李俊氏は以下を述べた。

Ontologyは一つの信用レイヤーを作り、企業様に新たなスマートエコノミーに参加してもらえるようにしたい。ブロックチェーン技術が真の意味での発展を遂げるには、トラストのあるエコシステム及び普及する割合の問題を考えなければならない。今回の協力により、ブロックチェーン技術がカバーする人口、地域を増やし、もっとたくさんのアプリケーションが活用できるシーンの登場に期待している。

ZeuxのCEOであるFrank Zhou氏は以下を述べた。

今回Ontologyと協力できたことについて非常に嬉しく思っている。Ontologyチームは業界では非常に尊敬されたチームであり、長年の成功経験を持っている。Zeuxは仮想通貨を日常生活のシーンまで持っていきたいということについて頑張っている。この目標の達成についてはブロックチェーン技術の普及について考えなければならない。これはまさに今回Ontologyとの協力において、双方がwin-winとなるベースの考え方だ。