ontology-gumi

Ontologyは日本のグミとの戦略的なパートナシップの提携をアナウンスした。今回の協力協定により、(日本のグミはゲーム、エンタメ、マーケティングなどの業界に携わる企業)Ontologyは日本の仮想通貨マーケットに進出する基盤を一つゲットすることができたと考えている。

 

gumi Cryptosの母体は日本の著名なゲーム会社gumi Inc.(以下「gumi」という)である。gumiは2007年に創立され、「誰が為のアルケミスト」などの有名なゲームを生み出している。

今年5月、gumiは正式にgumi Cryptosを設立し、ブロックチェーン関連の業務を行う用になった。グローバルに進んでいるブロックチェーンへの投資を行うgumi Cryptos Capitalのヘッジファンド、ブロックチェーンゲーム開発会社double-jump.tokyo及び新しい世代のSNS FINANCiEが含まれている。

gumi

CryptoCompareのデータによると、日本円は米ドルに次いで世界における取引額を誇っている。日本矢野経済研究所の発表データによると、日本のブロックチェーン関連サービスの市場規模は2019年に171億円になるそうだ。2018年に比べると112%の増加となる。

目下、世界的に進んでいるパブリックチェーンでも日本市場を理解し、進出することは難しい。Ontologyはgumi Cryptosと協力し、日本市場のブロックチェーン、仮想通貨領域のニーズを見出し、真の影響力を発揮したいと考えている。

今回のパートナーシップ提携について、創始者兼CEOの国光弘尚氏は以下を述べた:

今回の戦略的なパートナーシップの提携により、gumiのグローバルな仮想通貨業界での発展を促進し、ブロックチェーン技術のサービスと商品への理解が深まるだろう。Ontologyの日本パートナーとなったことについて非常に嬉しく思う。今後日本での展開ブロックチェーン領域での投資エコシステムの開拓などについてさらなる協力を望んでいる。

Ontologyの共同創始者季宙棟氏は以下を述べた:

gumiはトップのゲーム会社がブロックチェーン業界へ進出するモデルの一つで、今回Ontologyとの協力は我々のグローバル戦略及び規制に適合するための努力への賛同となる。2つ目として「Ontologyのブロックチェーン+ゲーム」をサポートするということを意味する。我々はgumiと協力し、進んでいる技術を駆使し、日本本土の伝統的な企業に産業変換を促し、業界のペーンポイントを解決し、デジタル経済の構築を目指す。