Sesameseed 200k

2019102日に、Sesameseedが彼らは200,000以上の新しいステーキングユーザーをOntologyのブロックチェーンへ紹介したとアナンウンスを出した。新しいユーザー数のスパイクは今後実施する大きなエアドロップのキャンペーンによるものと考えられている。このエアドロップキャンペーンは

Seeditを通じて調整されている。(Seeditとは、Ontology上でラウンチされた早くて使いやすいマイクロペーメントシステムである)

over 200,000 new SEED staking

今回のエアドロップは50,000 SEEDで、平等にすべてのSeeditTRONOntologyのウォレットへ配布される。SEEDとは、Sesameseedコミュニティ参加の証としてトークン化されているものである。Sesameseedのために、ステーキング、投票、リソースを分配するガバナンス代表としてSEEDをステーク分に応じて獲得する。これはいくつかの特徴によりホールダーの利益になるために作られている。以下はSEEDをホールドする際に、注目に値するベネフィットである。

存在するブロクチェーンに関係なく、すべてのSEEDは平等に扱われる。

SEEDは毎日自動的に複数のブロックチェーン上で、レワードを獲得できる。

SEEDは自動的にリワードを組み合わせる。そうすることで、SEEDホールダーたちはSEEDをどのウォレットで保管していたとしても最大限のリワードを得られる。

SEEDはペッグされているトークンである。これはSEEDはほかのデジタルカレンシーで得られる量を決めていると言える。

毎日ノードのリワードの一部はペッグされているSEEDのバリューとして設定している。SEEDごとに得られるデジタルカレンシーは値上がりするかもしれない。SEEDのホールド期間が長ければ、ペッグされているバリューは値上がりするかもしれない。

SEEDがステークされているレートはそれを支えているデジタルカレンシーのレートより高い。

エアドロップされるSEEDは今自動的にステーキングし、リワードを得るようになっている。SEEDホルダーたちはSeeditにより提供されたOntologyのアドレスでSesameseed Rewards Trackerにおいて獲得したリワードを監視する事ができる。

もっとエアドロップについて知りたい方は、こちらをクリックして。

このエアドロップはSEED tokenのランキングについて積極的な影響を与えた。DappRadarにおいて、SEED tokenOntologyDApp1位そして、全体の4位とランキングされている。トランザクション数は300,000となっている。

 

Sesameseedのミッションはブロックチェーンにおけるコミュニティの参加の促進であり、継続的にソリューションを開発しつつ、さらにその目的を達成しようとしているのだ。Sesameseed CEOであるJuliun Brabonはこのように述べた。

「ステーキングはブロックチェーンの基礎的な実用性であり、コアとなる機能をチェーンに付与した。そして、コミュニティの参加を促進することも同様に重要である。この話は最もブロックチェーンの今後の発展については重要なことである。」

それを反映するかのように、Sesameseed500ONT以下のコインをステークする方法を公開した。Ontologyブロックチェーンのユーザーたちは1ONTだけ持っていたとしても、ステーキングしてリワード報酬が得られるようになっている。そして、この新しいステーキングメソッドについての一面は、24時間ごとに報酬が分配されることである。ステーキングしている者はラウンドの最後まで待たなければならないことはなくなった。そこで、得られたリワードを回すことがすぐにできるようになった。